最新情報更新日:
2017年09月22日
現在の情報登録:229
会員サイトの情報登録:469

パノラマ・ムービー特集
週末のオープンハウス情報
今週のチラシ
不動産売却相談百科
お客様の声
スタッフ情報
スタッフブログ
会社概要
アクセス
リクルート求人情報
イエステーション加盟店募集
お問い合わせ
facebook

売却Q&A

同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫ですか?
もちろん大丈夫ですが、不動産会社との契約によります。
契約には3つの種類があり、お客様が不動産仲介会社と交わした契約が一般媒介契約の場合は重ねて依頼することは可能です。専任媒介契約と専属専任媒介契約を交わした場合は仲介をお願いする不動産会社は1社のみとなります(詳しくは売却依頼時の契約の種類のページをご覧ください)。ただ、複数の業者に依頼をしている場合、お客様からの信頼度が低いのではないかと不動産会社は考えてしまい、広告費も掛けにくくなります。そうなると販売担当の営業マンの販売意欲も低下してしまうケースもありますので、あまりお勧めは出来ません。
売却価格はどうやって決まるのですか?
弊社の査定額を元にご相談の上、売主様が決定いたします。

近隣の相場や、ご自宅を「訪問査定」させていただき作成した査定報告書を参考に、お客様にお決めいただきます。ただ、相場とかけ離れた高い価格はなかなか売れず、結局は価格を下げざるを得ない可能性もあります。いずれにしても、お客様にとって最適な売却方法や価格をご提案いたしますので、ご安心ください。

査定はどうやって行うのですか?
「簡易査定」と「訪問査定」があります。
査定のやり方は大きく分けて2つあります。現地調査を行わないで過去の取引事例や現在販売中の物件をもとに大まかな査定価格を提示する「簡易査定」と、実際に現地を確認~建物を内覧させていただき査定価格を提示する「訪問査定」です。ただ簡易査定では、実際に現地を確認させていただいた際に査定価格が大幅に変更になる場合があるため、弊社ではお勧めしておりません。訪問査定については、「査定はどんなことを調査するの」のページをご参考ください。
買取り制度ってどういうものですか?
弊社か提携業者等が、お客様の不動産を購入いたします。
弊社か提携業者等が買主となり、お客様ご所有の不動産を購入致します。すぐに現金化できるほか、仲介取引ではございませんので手数料(成約価格の3%+6万円)は発生しません。また、ご近所に知られずに取引きができたり、購入希望者による内覧が発生しないなど、お客様に余計なストレスがかからないメリットがございます。デメリットは、仲介よりも査定額が低くなることですが、当社を含め、提携業者等複数者が買取り査定額を提示いたしますので、ご安心ください。
近所に内緒で売却することはできますか?
広告を出さずに売却することは可能です。
インターネットやチラシなどの広告活動をしないで、売却することは可能です。その場合、弊社に登録いただいている購入希望者の中から条件に合う方にご紹介したり、信頼のおける不動産会社に物件情報を紹介するなどの売却活動となりますが、通常の販売よりも契約に至るまでに時間を要することもございます。弊社の場合は直接買取りも行っておりますので、お気軽にご相談ください。
 
不動産を売却しやすい時期や季節はありますか?
不動産は1年を通して流通しております。
一般的には転勤・お引越しが多い3月・9月は、探しているお客様が多くなり、反対にお盆(8月)や年末(12月)は皆さんが長期休暇に入るため、市場が動かない時期と言われます。ただし、賃貸とは違い極端に取引が集中するというわけではありません。どちらかというと売買に関しては年間を通じて情報を集め、良いものが見つかり次第購入しようとしているお客様が多いのです。なので、時期や季節にあまり左右されなくてもよろしいかと思います。
「売却」が先?それとも「購入」が先がいいですか?
お客様の状況によりご提案させていただきます。
まず、どちらにもメリットとデメリットがございます。「売却」先行の場合、売却金額が決定した中で購入物件が探せるため、資金計画が立てやすいメリットがございますが、購入物件が期日内に見つけなければ賃貸への仮住まいが必要になります。「購入」先行の場合は、次の物件をじっくり時間をかけて選ぶことができますが、購入物件の引渡しまでに売れなければ新旧の住宅ローンを2重で支払い続けなければなりません(それぞれの流れについては、「お住まい買い替えの流れ」をご参考ください)。住宅ローンの残債務等によっても変わってきますし、弊社の買取り制度を利用する方法などもございますので、お気軽にご相談ください。
ローンの残債が多いと買い替えは無理ですか?
可能な場合もあります。ぜひご相談ください。
お客様の状況や残債の状況により異なりますが、売却して残った残債を新規に買う物件のローンに上乗せできる場合があります。金融機関により条件は異なりますが、そのような形で買い替えをされた方もいらっしゃいますので、ぜひ一度ご相談ください。
不動産の売却時にも税金はかかりますか?
税金がかかる場合とかからない場合がございます。
税金は売却した際の利益に対してかかるので、ご自宅を売却した際に売却した金額が購入した金額よりも安い金額で売れた場合には税金がかかりません(売買契約書に貼る印紙代(印紙税)はかかります)。但し、購入した際の金額を証明する契約書が無い場合や、購入した価格と売却した価格の差が少ない場合等に建物の減価償却によって利益が発生する場合があります。利益(譲渡差益)が発生した場合でも、3000万円特別控除等の特例で税金がかからないように出来る場合もありますので、詳しくはお問い合わせください。
売り出し前にリフォームをした方が有利ですか?
お部屋の状態によります。
ハウスクリーニングや壁紙の張替えを事前に行う方が見た目の印象がよくなり、早期の売却が実現することもありますが、周辺相場とかけ離れると必ずしも有利とは言えなくなります。また、購入希望者によっては、自分のイメージでリフォームをしたい人もいますので、その分価格が抑えて割安感をアピールした方が有利になる場合がございます。弊社でもリフォームは行っておりますので、一度お部屋を拝見させていただき、最適なご提案をさせていただければ幸いです。