新規会員登録
会員様ログイン

パノラマ・ムービー特集
オープンハウス情報

不動産購入ガイド

不動産購入の流れをポイントとともにご説明します。

住宅ローンナビ

住宅ローンの基礎知識や金利タイプについてご説明します。

不動産Q&A

不動産購入に関して寄せられるよくあるご質問をご紹介します。

関連リンク集

不動産や所沢市での生活にまつわるリンク集を用意しました。
お客様の声
スタッフ紹介
スタッフブログ
会社概要

住宅ローンナビ

住宅ローン控除

住宅を購入する際は、いろいろと費用がかかるものですが、実は出て行くお金ばかりではありません。「住宅ローン控除」という所得税の一部が戻ってくる制度があります。確実にもらうためにも、しっかりと内容を把握しておきましょう。

ローン残高の1%が10年間戻ってきます

住宅ローン控除は、年末の住宅ローン残高に応じて、所得税の控除が受けられる制度です。所得税から控除しきれない額は住民税からも控除可能です。控除の期間は10年で、控除率は残高の1%となります。2013年は対象ローン残高の上限が2000万円で、10年間の最大控除額は200万 円。つまり、年末時点のローン残高が2000万円だと控除可能額は20万円となります。

住宅ローン控除の主な適用条件

・自己居住のための住宅取得であること
・返済期間10年以上の住宅ローンを組んでいること
・対象の住宅の床面積は登記簿面積50m²以上で、半分以上を居住用にしていること
・取得後6カ月以内に入居し、引き続き住んでいること
・控除を受ける年の合計所得金額が3000万円以下であること
・中古住宅の場合は「耐震基準に適合していることが証明された住宅」または、取得日時点で
  築20年以内(耐火建築物は築25年以内)であること
・入居した年とその前後の2年ずつの5年間に、長期譲渡所得の課税の特例などを受けていない
  こと

控除を受けるには確定申告が必要です

住宅ローン控除を受けるには、会社勤めの人でも1回目は必ず確定申告が必要になります。必要な書類をそろえて、税務署に申告しましょう。会社員なら、2年目からは年末調整で対応できるので、確定申告は不要です。